<  戻る

2019.11.11

【2019.11.25】『津波のあいだ、生きられた村』出版記念イベント

『津波のあいだ、生きられた村』出版記念イベント
「三陸の漁村で見たもの、考えたこと」

登壇:饗庭伸、青井哲人、木村周平ほか

明治、昭和の三陸地震で津波の最高遡上高を記録した、岩手県大船渡市綾里(りょうり)。
地震のたびに津波被害を減らしたこの地域は、「津波のあいだ」をいかに過ごしたか──。
7年におよぶフィールドワークの成果を上梓した研究チームによる、ささやかな報告会を開催します。

日時:2019年11月25日(月)
19時開始(18時30分開場)
料金:500円(1ドリンク)、予約不要
問合せ:info@kajima-publishing.co.jp(鹿島出版会)

当日会場にて、割引価格にて書籍の販売も行います。

『津波のあいだ、生きられた村』
饗庭 伸、青井哲人、池田浩敬、石榑督和、岡村健太郎、木村周平、辻本侑生:著/山岸 剛:写真
鹿島出版会刊
B4変型・120頁
定価(本体3,600円+税)
http://www.kajima-publishing.co.jp/

© 2019 by apartment co.,ltd